妊娠は嬉しい事だけじゃない!ストレスもたくさん受ける!

妊娠は嬉しい事だけじゃない!ストレスもたくさん受ける!

やっと待ちこがれていた赤ちゃんをお腹に身ごもり、嬉しさでいっぱいのママ。

 

でも、妊娠は嬉しい事だけではありません。妊娠ではストレスをたくさん受ける事もあります。ここでは妊娠のストレスで妊婦が受ける影響について解説します。

 

体型が変化するのが嫌

 

妊娠週数が進むにつれて体重が増えて、お腹が出てきます。美容意識が強く体型が変わる事に戸惑いがある人は妊娠による体型の変化にストレスを溜めてしまう人がいます。でも、これは妊娠中に胎児の栄養を与える事や産後に授乳に備えて起こる普通の現象です。ですから太る事はあたりまえです。

 

トラブルが増える

 

つわりだけではなくて腰痛や腹痛、頭痛、抜け毛、肌荒れなど体にいろいろな症状が出てきます。これらは妊娠中に分泌されるホルモンの影響によるものですから、産後には解消されることが多いのであまり神経質にならない方が良いでしょう。

 

出産や育児へのストレス

 

妊娠すると女性ホルモンのプロゲステロンとエストロゲンの分泌が活性化します。そのためホルモンのバランスが急激に狂い気持ちの変動が激しくなります。そんな状況の中でもお腹は大きくなっていき、これを見た時に自分はいい母親になる事ができるのか、と思い悩むようになります。この事が精神的なストレスに繋がります。

 

生活が制限されてイライラする

 

お腹が膨らんでくるにつれて思うように身動きができなくなり、1つ1つの動作が大変になります。また、妊娠中は食事や生活習慣、薬に体重管理など気を付ける事が多く、その事にも窮屈を感じてストレスになります。

 

ストレスをためないように

 

妊娠中にストレスを感じるのは人それぞれ原因は違いますが、1人で抱え込まない事が大事です。友人や夫や両親などに不安を打ちあけるのも良いでしょう。他にも仕事がストレスになっている場合には気負いせずに産休を活用しましょう。他にも自分なりのストレス発散方法を見つけましょう。お母さんがストレスを慢性的な抱える事で胎児に悪影響が出る可能性もありますから、ママであるあなたがしっかり自分自身のストレスの管理をしましょう。

 

美的ヌーボを飲んで精神を落ち着けるのも良いですよ♪